サムネイル

四つ竹

片手に2枚ずつ持って打ち合わせて使います。沖縄舞踊にも用いられます。

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥2,300

サムネイル

鳴子

本来、農作物を鳥獣などから防ぐ為の仕掛けを鳴子といいます。縄などに板や小さな竹などを吊り下げ、揺らして音を出す農具として作られました。
岡部孟則氏により『鳴物』として生ま...

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥900〜¥1,300

サムネイル

こきりこ

主にこきりこ節で用いられる、長さ25cm前後の竹棒です。
こきりこ節の起源は古く大化の改新頃と言われており、1973年には国の無形文化財に指定されました。全国の中学校の音楽の...

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥1,600

サムネイル

ささら

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥4,000〜

サムネイル

拍子木

歌舞伎や人形浄瑠璃に用いられ、開演・閉演などの合図として打たれます。
また仏教儀式などにも用いられ、誦経の拍子をとるために打たれます。

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥3,500〜¥5,500

サムネイル

神楽鈴・七五三鈴

三連の輪に小鈴がぶら下げられており、下の輪から七つ、五つ三つの鈴が付けられています。神道で巫女が使う他、各種芸能で使用されています。

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥1,200〜¥30,000

サムネイル

馬子唄鈴

信州が発祥の民謡の馬子唄で使われます。
輸送や交通の手段を馬に頼っていた昔、上野(群馬県)から信州を目指す時、旅人や馬子達は礁氷峠-軽井沢-追分と進みました。この追分まで...

●使用用途:舞踊など   ●価格:¥3,100

五色垂絹

●使用用途:鈴   ●価格:¥5,000

このページの一番上へ